こんな業者にはご注意ください。

悪徳とは言わないまでも、太陽光設備販売・取付け会社の中にはいい加減なサービスを提供している会社も存在するのは事実です。
充分にお気をつけ下さい。
  • 1.設置不可な場所でも「設置できます」と平気で言う。
  • 2.メーカー指定の工法に従わない。
  • 3.保証書を発行しない。
  • 4.販売・取付け実績が少ない。
  • 5.販売会社と取付け会社が別。
  • 6.容易に撤退する会社も存在する。
  • 7.極端に価格が安い。

1.設置不可な場所でも「設置できます」と平気で言う。

多くのメーカーは北側の屋根への太陽光パネルの設置を認めていません(一部設置可能メーカー有)。明らかに北側の屋根にも関わらず、設置可能と言ってくる業者さんには気をつけて下さい。北側の屋根に太陽光パネルを取付けても、充分に発電せずに無駄遣いに終わる可能性があります。 取付け前はしっかり取付業者にご確認下さい。

2.メーカー指定の工法に従わない。

太陽光パネルメーカーは各社設置工法を指定しています。指定の工具、指定の建材を使い、指定の工法で取付けなければなりません。工法を守らない場合は、雨漏りや不具合の原因となります。一般の取付業者は各メーカーの工法を熟知していますが、それに従わない業者も存在します。
取付け前は工法に従っているかご確認下さい。

3.保証書を発行しない。

営業担当者が口頭で「メンテナンス保証書を発行します」と言っているにも関わらず、取付けが完了しても保証書を発行しない業者も存在します。その場合、太陽光パネルを設置後保証サービスがないこともありますので、太陽光パネルを設置前には必ず担当者へ保証書及び、保証サービスの有無を確認して下さい。

4.販売・取付け実績が少ない。

太陽光発電設備の販売はホームセンターや販売会社も含め、様々な会社が存在します。建設会社、住設会社ではない会社も参入し、何ら取付け経験のない業者も存在します。
新規参入会社は取付けの経験が少ない、または実績がない会社も存在します。施工実績が少ない会社は施工経験が少ないため、工事が稚拙になりがちです。お気をつけ下さい。

5.販売会社と取付け会社が別。

太陽光発電設備を販売のみを行う会社、取付けのみを行う会社が存在します。取付け後、雨漏りやビス等が外れた、パネルが傷ついた等トラブルが発生した場合、責任の所在が曖昧になります。販売会社は施工会社へ施工会社は販売会社へ責任を転嫁しがちになります。保証書があれば問題はありませんが、保証書がない場合は対応してくれない場合もありますので、お気をつけ下さい。

6.容易に撤退する会社も存在する。

太陽光設備を取付けされる住宅が多いため、儲かるビジネスと思い市場には多種多様な会社が参入しています。
しかしどの商売もそうですが、容易に儲かる商売などはありません。安易に参入した企業の中には思うように利益を上げられず、撤退する会社も多いのです。そのような会社と契約した場合、アフターケア等契約が遂行されない場合がありますので、充分注意して下さい。

7.極端に価格が安い。

極端に価格が安い場合、業者はまず利益を確保しますので、建材や取付け人件費にしわ寄せが行きがちです。
サービスや品質のクオリティも下がる可能性も否めませんので、相見積もりを取った場合は極端に価格が安い業者にはお気をつけ下さい。

無料ご相談窓口

よくある質問

こんな業者にはご注意ください。

これから申し込む方も、もう申し込んでしまった方も是非お読み下さい。
騙されない手段が書かれてあります。